カラコンのBC(ベースカーブ)ってなに?目のトラブルを防ぐレンズの選び方

カラコンのBC(ベースカーブ)とは?

なりたいイメージやデザインだけでカラコンを選んだけど、どこかつけ心地が悪いと感じたことはありませんか?

「カラコンをつけていると違和感がある…」
「すぐにカラコンがずれてしまう…」

そんな方は、カラコンとあなたのBC(ベースカーブ)が合っていないかもしれません。

今回は、カラコン選びで重要なBCとはなにか、BCが合わないことによって起こる目のトラブルについてご紹介します。
あなたの目に合わせたBCを選ぶため、参考にしてみてください。

 

 

BC(ベースカーブ)とは?

BC(ベースカーブ)とは、目やコンタクトレンズの曲がり具合を表す数値です。

人それぞれ目の形は違うため、眼球の大きさだけではなく丸みにも差があります。
その角度をミリ単位で表しているのがBCです。

BCは、数値が大きくなるほど角度がゆるやかになり、数値が小さくなるほど角度がきつくなります。
目にしっかりとフィットしたカラコンを選ぶためには、自分の瞳に合ったBCを選ばなければいけません。

 

日本人の平均BC(ベースカーブ)は約8.6㎜

日本人の平均的なBC(ベースカーブ)の大きさは約8.6㎜です。
多くのカラコンメーカーはこの数値をもとに商品を開発しているため、BC8.6㎜の商品が多くなっています。

もし、目のBCが8.6㎜以下、もしくは8.6㎜以上だった場合、その数値に合わせたレンズを選ぶことが重要です。

 

BC(ベースカーブ)を測るなら眼科へ!

BC(ベースカーブ)を測りたいときは、眼科で受診することで計測してもらうことができます。

BCは眼球の曲がり具合を測らなくてはいけないため、自分で測ることはできまません。
自分のBCを把握していない方は、安全にカラコンを使用するためにも、購入前に計測してもらいましょう。

同時に目の健康状態やカラコンに必要なPWR(度数)なども調べてもらうと、安心してカラコンを使用することができますよ。

 

BC(ベースカーブ)によって起こるトラブル

自分の目に合わないBC(ベースカーブ)のカラコンを使っていると、目に負担をかけてしまい思わぬトラブルを招くことがあります。

カラコンをつけていて、このような異常を感じたことはありませんか?

 

  • 目に圧迫感を感じる
  • 目が充血してしまう
  • 異物感がある
  • レンズがずれやすい
  • 頭痛や吐き気を感じることがある

 

これらの異常に心当たりがある場合、あなたの目とレンズのBCが合っていない可能性があります。

 

目に圧迫感を感じる

自分の目に対してカラコンのBCが小さい場合、目を締めつけてしまうことで圧迫感を感じることがあります。
レンズがずれにくいメリットはありますが、締めつける力によって目に負担がかかり、レンズによって角膜が傷ついてしまうこともあるので注意が必要です。

 

目が充血してしまう

カーブのきついレンズによって目が締めつけれらると、血の流れが滞って血管がふくらむことで充血してしまいます。

充血は目の不調を訴えるサインです。
一度カラコンを取り外して目を休め、自分の目に合ったカラコンであるか再度確認してください。

 

異物感がある

BCの大きさが合わないカラコンは、フチが目に当たってしまうことで装用時の不快感・異物感を引き起こします。

正しいBCのカラコンは目にしっかりとフィットするため、つけ心地も良く感じやすいです。
普段使用しているカラコンのつけ心地に違和感がある場合は、BCのサイズが合っていない可能性があるので確認してみましょう。

 

レンズがずれやすい

自分の目に対してカラコンのBCが大きい場合、レンズがずれる原因になります。
レンズがずれてしまうと白目が透けて見える、視界に着色部分が映ってしまうなどの問題も。

ずれたときにフチが目と擦れてしまい、かゆみを感じることも多いです。
最悪の場合、角膜を傷つけてしまうこともあるので、装用時にずれやすいカラコンには十分注意してください。

 

頭痛や吐き気を感じることがある

BCサイズの合わないカラコンは眼精疲労を引き起こし、目のトラブルに止まらず頭痛や吐き気の原因にもなります。
そのまま使用を続けてしまうと、目の痛みやかすみ、充血などが慢性化する場合もあるので、違和感があった場合にはすぐに使用を止めましょう。

 

カラコンのBC(ベースカーブ)を確認する方法

カラコンのBC(ベースカーブ)は、ネットでも簡単に調べることができます。

各カラコン販売サイトの商品ページに詳細情報として記載されていることも多いです。

また、商品パッケージの側面や裏側にもBCが記載されています。

「自分にBCが合っていないかもしれない…」と思ったときは、必ず数値を確認してくださいね。

まとめ

間違ったBC(ベースカーブ)のカラコンは、あなたの目に負担をかけてしまいます。
ソフトレンズなのである程度目の形に合わせてフィットしてくれますが、常用していると角膜を傷つけてしまったり、眼精疲労を起こしやすくなってしまいます。

快適にカラコンを使用するためにも、きちんと眼科に受診してBCを把握し、自分の目にあったBCサイズのカラコンを選びましょう。

〈プロダクトアドバイザー〉ヘア&メイクアップアーティスト

中野明海

1985年:フリーのヘア&メイクアップアーティストとしてキャリアをスタート。

幅広い知識・豊かな経験に裏打ちされた確かなテクニックと、常に時代の先を見据えた感覚で、“女性がなりたいと憧れる顔”をクリエイトし続けている。

ヘアメイクとして活躍するかたわら、化粧品や美容ツールの開発・監修も手がける。

色から光へ。光を引き出す、キャッチライトレンズ。OvE(オヴィ)

ありのままの自分でいることの難しさも、着飾って盛り立てる楽しみも、もう知っている。
過剰な足し算ではなく、さりげなく。色とデザインを考えつくされたレンズが、
大人の瞳に潤いをもたらし、あなただけの魅力を生き生きと輝かせる。

ヘア&メイクアップアーティスト・中野明海の「撮影現場で用いるテクニックをコンタクトレンズで表現できないか」という思いから誕生した“キャッチライトレンズ”。 “キャッチライト”とは、レフ板を使って被写体の瞳の中に写り込ませる光のこと。黒目を大きく、瞳を色付けることを目的とした従来のカラーコンタクトレンズとは異なる発想で、瞳の中でキラキラと輝く光を表現し、透明感と潤いに溢れた瞳を実現。繊細な色合いとそれを左右非対称に配したデザインによって、柔らかく朗らかな印象を自然に演出します。

色から光へ。光を引き出す、キャッチライトレンズ。OvE(オヴィ)

ありのままの自分でいることの難しさも、着飾って盛り立てる楽しみも、もう知っている。過剰な足し算ではなく、さりげなく。色とデザインを考えつくされたレンズが、大人の瞳に潤いをもたらし、あなただけの魅力を生き生きと輝かせる。

プロダクトアドバイザーヘア&メイクアップアーティスト

中野明海

1985年:フリーのヘア&メイクアップアーティストとしてキャリアをスタート。

幅広い知識・豊かな経験に裏打ちされた確かなテクニックと、常に時代の先を見据えた感覚で、“女性がなりたいと憧れる顔”をクリエイトし続けている。

ヘアメイクとして活躍するかたわら、化粧品や美容ツールの開発・監修も手がける。