カラコンの含水率とは?初心者やドライアイには高含水?低含水?

カラコンの含水率とは?アイキャッチ

デザインや色も大切だけど、快適にトラブルなくカラコンライフを楽しむためにチェックしたいのが「含水率」

レンズが含む水分量を示す値です。

含水率の基礎知識と高含水、低含水それぞれのメリット・デメリット、最適なレンズの選び方をご紹介します。

 

カラコンの含水率とは

 

カラーや素材、DIAと呼ばれるレンズサイズ、レンズの曲がり具合を表すBC(ベースカーブ)などと並んで、自分の目に合ったカラコンを選ぶ重要な基準となるのが“含水率(がんすいりつ)”

ソフトコンタクトレンズにどれだけの水分が含まれているかを示す数値で、「%」で表されます。

 

含水率50%以上のレンズを「高含水レンズ」含水率が50%未満のレンズを「低含水レンズ」とするのが一般的。

カラコンの販売サイトにある数字に、「これって何だろう?」と疑問を持っていた方も多いのではないでしょうか。

 

では、カラコンを選ぶときは含水率の高いものを選べばいいってこと? 

答えはNO!

 

高含水レンズと低含水レンズにはそれぞれメリットとデメリットがあり、装着する目の状態や使い方によって適した含水率が異なります。

自分の目に合う含水率のカラコンを選ぶことが大切なのです。

 

水分たっぷり!高含水のカラコン

高含水レンズの水分たっぷりのイメージ画像

含水率50%以上のレンズを「高含水レンズ」といい、やわらかく酸素透過率の高い素材が使われているのが特徴です。

カラコンを含むコンタクトレンズを瞳に装着するには一定の水分が必要ですが、水分を十分に含む高含水レンズであれば自然に瞳になじんでくれます。

 

つけ心地快適!高含水のカラコンのメリット

 

水分をたっぷり含んでいるので、つけたての装着感がよく、痛みや違和感を感じづらい傾向があります。

 

また、水分を多く含むので、水に溶けた酸素が目の角膜に届きやすく、瞳に優しいのも特徴。

瞳の酸素不足は充血を引き起こしてしまうこともありますが、高含水カラコンであれば瞳の酸欠による充血は起こりにくくなっています。

 

特に、カラコン初心者はレンズが目の中でゴロゴロするなど違和感を覚えることも多いようですが、高含水のカラコンであればつけているのを忘れてしまうほど自然なつけ心地なので、違和感を感じることも少ないでしょう。

 

瞳が乾燥!?高含水のカラコンのデメリット

 

水分を多量に含む高含水レンズは、常に水分を必要としています。

そのため、長時間の装用によりレンズが乾燥すると、必要な水分を補おうと涙を吸収してしまいます。

結果、目が乾きやすくなってしまうのが高含水レンズ最大のデメリット。

 

涙の量が多い人であれば、レンズに吸収されてしまった水分を自然に補うことも可能です。

しかし、ドライアイの人や目が乾きがちな人では、さらに瞳の乾燥を進めてしまい、トラブルを引き起こしてしまうこともあるのです。

 

長時間でも安心!低含水のカラコン

低含水レンズの長時間使用イメージ画像

含水率が50%未満の「低含水レンズ」は、水分を多く必要としない素材でできており、涙を吸収しにくい性質を持っています。

そのため、長時間装用を続けても目が乾くことなく、つけたての装用感が長く続きます。

 

乾燥しづらい!低含水のカラコンのメリット

 

多量の水分を必要としない低含水のカラコンは、瞳の水分を吸収しないので、目が乾燥しにくいのが大きなメリット。

ドライアイの人がカラコンをつけると目の乾燥が進んでつらいこともありますが、水分の蒸発が少ない低含水レンズであればこうしたことは避けられます。

 

また、時間が経ってもつけ心地に大きな変化がないので、長時間続けてカラコンを装用する人は、高含水レンズより低含水レンズの方が快適に使用できるようです。

 

痛みや違和感も!?低含水のカラコンのデメリット

 

水分量が少ない低含水のカラコンでは、乾燥により痛みや違和感を感じてしまうことがあります。

水分が少ないことで目の角膜に届く酸素も比較的少なくなり、酸素不足となった目では充血などのトラブルが起きてしまうことも。

 

また、低含水レンズは高含水レンズと比べるとレンズ自体が少し硬めなので、特にカラコン初心者の人はつけ心地が悪いと感じることもあるようです。

 

高含水のカラコンがおすすめの人は?

 

水分を多量に含む高含水のカラコンは、目の水分量が多い人やカラコン初心者、カラコンを長時間装用しない人などにおすすめです。

 

目の水分量が多い人

 

目の水分量、つまり涙の量には個人差がありますが、涙の量が多い人であれば、高含水のカラコンのつけたての装着感を長くキープすることが可能です。

レンズが必要とする水分を、自分自身の涙で補うことができるからです。

 

高含水レンズならではの快適なつけ心地を長く楽しむことができるので、目の水分量が多い人には高含水のカラコンをおすすめです。

 

カラコン初心者の人

 

カラコン初心者の人は、装用に慣れている人に比べてレンズに違和感を感じやすいようです。「はじめてのカラコンだから、できる限り自然に違和感なく装用したい」と考えるなら、高含水のカラコンを選ぶべきでしょう。

 

自然なつけ心地は高含水レンズの大きなメリットです。つけていることを忘れるほどに瞳になじむから、初心者でも快適にカラコンを楽しむことができます。

 

長時間装用しない人

 

高含水レンズの特徴をまとめると、「つけたての装用感は抜群ながら、時間が経つと目が乾きやすい」となります。

つまり、瞳の水分を奪われる前にレンズの装用を終了すれば、乾きを感じることなく自然な着け心地を楽しめます。

 

長時間カラコンを継続装用しない人や、短時間のみの装用が想定されるケースでは、高含水レンズを選ぶべき。

高含水レンズのメリットのみを享受して、デメリットを避けることができるのです。

 

低含水のカラコンがおすすめの人は?

 

水分を多く必要としないため、目を乾燥させづらい低含水のカラコンは、ドライアイの人や目の水分量が少ない人、長時間カラコンをつける人などにおすすめです。

 

ドライアイの人

 

涙の分泌量が少なかったり、涙の量は十分でもその状態により蒸発が激しかったりして、角膜が乾燥してしまうドライアイ。

レンズ自体が多量の水分を必要とする高含水のカラコンをつけてしまうと、さらに症状を悪化させてしまうことも。

ドライアイの人には、多くの水分を必要としない低含水のカラコンがおすすめです。

 

目の水分量が少ない人

 

特別なことをしていなくても、生まれつき涙が出にくい人がいます。

そうした人は常に目の水分量が少ないため、多量の水分を必要とする高含水のカラコンを使うことはおすすめできません。

 

涙の出にくい人、目の水分量が少ない人は、目を乾燥させることの少ない低含水のカラコンを選ぶことをおすすめします。

 

長時間カラコンをつける人

 

低含水のカラコンは、多量の水分を必要としないので目から水分を奪うことがあまりなく、つけたてから装用感が大きく変わらないのが特徴。

そのため、長時間カラコンをつける人には高含水より低含水の方がおすすめです。

 

カラコンをつけることが日常的で、毎日長時間装用するという人は、低含水のカラコンを選びましょう。

 

まとめ

 

カラコンのWEBサイトなどに書かれている、含水率の表示。

実は、このようにカラコンのつけ心地や目の状態に大きく影響がある数値なんです。

 

高含水には高含水の、低含水には低含水の、それぞれのメリット・デメリットがあるレンズの含水率

それぞれの特徴と適性を正しく知って、自分の目や使い方に合ったカラーコンタクトレンズを選んでくださいね。

〈プロダクトアドバイザー〉ヘア&メイクアップアーティスト

中野明海

1985年:フリーのヘア&メイクアップアーティストとしてキャリアをスタート。

幅広い知識・豊かな経験に裏打ちされた確かなテクニックと、常に時代の先を見据えた感覚で、“女性がなりたいと憧れる顔”をクリエイトし続けている。

ヘアメイクとして活躍するかたわら、化粧品や美容ツールの開発・監修も手がける。

色から光へ。光を引き出す、キャッチライトレンズ。OvE(オヴィ)

ありのままの自分でいることの難しさも、着飾って盛り立てる楽しみも、もう知っている。
過剰な足し算ではなく、さりげなく。色とデザインを考えつくされたレンズが、
大人の瞳に潤いをもたらし、あなただけの魅力を生き生きと輝かせる。

ヘア&メイクアップアーティスト・中野明海の「撮影現場で用いるテクニックをコンタクトレンズで表現できないか」という思いから誕生した“キャッチライトレンズ”。 “キャッチライト”とは、レフ板を使って被写体の瞳の中に写り込ませる光のこと。黒目を大きく、瞳を色付けることを目的とした従来のカラーコンタクトレンズとは異なる発想で、瞳の中でキラキラと輝く光を表現し、透明感と潤いに溢れた瞳を実現。繊細な色合いとそれを左右非対称に配したデザインによって、柔らかく朗らかな印象を自然に演出します。

色から光へ。光を引き出す、キャッチライトレンズ。OvE(オヴィ)

ありのままの自分でいることの難しさも、着飾って盛り立てる楽しみも、もう知っている。過剰な足し算ではなく、さりげなく。色とデザインを考えつくされたレンズが、大人の瞳に潤いをもたらし、あなただけの魅力を生き生きと輝かせる。

プロダクトアドバイザーヘア&メイクアップアーティスト

中野明海

1985年:フリーのヘア&メイクアップアーティストとしてキャリアをスタート。

幅広い知識・豊かな経験に裏打ちされた確かなテクニックと、常に時代の先を見据えた感覚で、“女性がなりたいと憧れる顔”をクリエイトし続けている。

ヘアメイクとして活躍するかたわら、化粧品や美容ツールの開発・監修も手がける。