カラコンが似合わない!その原因と似合うカラコンを見つけるポイント

カラコンが似合わないの記事アイキャッチ

友達や好きな芸能人がつけている、素敵なカラコン。

憧れる方も多いでしょう。

 

でも、「自分にはカラコンは似合わないかも?」カラコンをつけてみたらなんか似合わなかった…」、などと思っている方もいるのではないでしょうか?

 

今回は、似合わないカラコンを買ったりしてしまう前に、カラコンが似合わない理由を考えながら、原因別にあなたに似合うカラコンを見つけられるポイントをご紹介します。

 

カラコンが似合わないのはなぜ?原因別・似合うカラコンを探すポイント

 

「カラコンで美人に磨きがかかっている人に憧れて、同じカラコンを買っちゃった♪」

しかし、そのカラコンは、あなたには似合わない可能性があります。

 

瞳の大きさや色が人それぞれ違うように、カラコンも人それぞれ似合うカラコンと似合わないカラコンがあります。

カラコンが似合わない理由と、似合うカラコンを見つけるポイントをご紹介します。

 

似合わない原因1. 黒目の大きさとカラコンのサイズが合ってない

 

似合わない原因1の画像

 

カラコンのサイズが似合うか似合わないかは、着色直径の大きさで決まります。

着色直径とは、カラコンの色がついている部分の長さのこと。

 

大体、着色直径12.5~14.6mmのサイズのカラコンが主流です。

この着色直径と黒目の大きさが合っていないと、カラコンが似合わない原因になってしまうので要注意です。

大きすぎても不自然ですし、小さすぎても裸眼とあまり変わらなくなってしまいますよ。

 

【カラコンサイズを似合わせるポイント】

カラコンの着色直径と自分の目を似合わせるポイントは、ズバリ「瞳の黄金比率」に合わせてカラコンを選ぶこと。

瞳の黄金比率は、白目、黒目、白目の割合が「1:2:1」とされています。

 

瞳の黄金比率の画像

 

その瞳の黄金比率に合わせてカラコンを選ぶことにより、バランスの良い瞳にすることができるでしょう。

 

ここで、標準的なおすすめカラコンのサイズをご紹介します。

まず、小さい目に見える方は、裸眼より大きすぎるカラコンを選ぶと、白目の範囲が少なくなり似合わないカラコンを選んでしまうことになります。

そこで、着色直径が12.8~13.2mmのレンズが自然に見えておすすめです。

 

ワンデー  

13.2

VNTUS ヴァニタス/really リアリー/着色直径 13.2/ワンデー/度あり・度なし

VNTUSreally

ワンデー  

13.0

OvE4/キャッチライトレンズ/着色直径 13.0/ワンデー/度あり・度なし

ove4

 

ワンマンス  

13.2

AND MEE Series アンドミー/CARAMEL キャラメル/着色直径 13.2/ワンマンス/度あり・度なし

AND MEE Series CARAMEL

2week  

13.2

CLEMOR クレモール/ミックスブラウン/着色直径 13.2/2week/度あり・度なし

clemor mixbrown

 

大きい目に見える方は、もともとの黒目の範囲が大きいため、カラコンも大きいサイズでも問題ありません。

そこで、着色直径13.2~13.7mmがおすすめのカラコンサイズです。

 

ワンデー  

13.6

3♡BERRY スリーラブベリー/Cafemocha カフェモカ/着色直径 13.6/ワンデー/度あり・度なし

3♡BERRY Cafemocha

ワンデー  

13.5

envie アンヴィ/MINUITSHELL ミニュイシェル/着色直径 13.5/ワンデー/度あり・度なし

envie MINUITSHELL

 

ワンマンス  

13.6

AND MEE Series アンドミー/GINGER ジンジャー/着色直径 13.6/ワンマンス/度あり・度なし

AND MEE Series GINGER

ワンマンス  

13.5

envie アンヴィ/MERIMBROWN メリムブラウン/着色直径 13.5/ワンマンス/度あり・度なし

envie MERIM BROWN

 

とはいっても黒目の大きさは人それぞれ違うので、さらに徹底してカラコンサイズを選びたい方は、瞳の大きさと黒目の大きさを測り、「瞳の黄金比率」に沿ってカラコン選びをしてもいいと思いますよ。

 

似合わない原因2.黒目の色や肌の色と、カラコンのカラーが合っていない

 

似合わない原因2の画像

 

黒目の大きさが違うように、黒目の色もみんなそれぞれ違います

黒目の色が黒っぽい色やダークブラウンなど自分の黒目の色素が濃い方と、反対にライトブラウンなど自分の瞳の色素が薄めの方とは、似合うカラコンのカラーが違うのです。

 

また、肌の色も関係します。

色白の方と色黒の方でも、似合うカラコンのカラーが違ってきます。

 

カラコンをナチュラルに見せたい方は、黒目の外側のフチ部分が太すぎるデザイン濃い単色カラーのカラコンを選んでしまったりすると、「あれ、似合わない…」と感じてしまう可能性が高いので要注意です。

 

【カラコンのカラーを似合わせるポイント】

では、どうすれば自分に似合うカラコンのカラーを選ぶことができるのか。

そこで、あなたに似合うカラコンのカラー選びの参考になるポイントをご紹介します。

まずは、黒目の色素で判断します。

 

自分の黒目の色素が濃い方は、ブラック~ダークブラウンのカラコンがおすすめです。暗いカラコンは落ち着いた印象を与えるだけでなく、目のくりくりした可愛らしい印象を与えたり、シャキッとした印象も与えてくれたりするでしょう。

 

逆に、透け感のある明るいカラーのカラコンだと、浮いてしまって似合わない可能性も。

どうしても明るいカラーのカラコンを選びたいときは、ダーク色がハイライトされているカラコンがおすすめでしょう。

 

自分の黒目の色素が薄めの方は、ブラウン~ヘーゼルカラーのカラコンがおすすめ

明るいカラーのカラコンは、柔らかい印象流行りの抜け感を与えてくれるでしょう。

よりナチュラルに見せてくれます。

 

しかし、黒色のカラコンを選ぶと、カラコンがくっきりと目立ってしまうため注意してください。

暗めのカラーのカラコンを選びたいときは、ブラウンとミックスされていたり、グラデーションになっていたりするカラコンであれば似合いやすいでしょう。

 

次に肌色。

色白の方はライトブラウン、明るく薄い淡いカラーのカラコンがナチュラルになじみおすすめです。

憧れのハーフ顔の瞳も夢じゃないかも!

 

色黒の方には、ブラックやアッシュ系、イエロー系のカラーのカラコンが似合いますよ。

逆に、似合わない印象を与えてしまう色がブルー系

どうしてもブルーカラーを取り入れたい人は、アッシュ系に近い色味を選んであげるといいですね。

 

似合わない原因3.髪色やメイクなどの外見の印象と、カラコンのテイストが合っていない

 

似合わない原因3の画像

 

カラコンが似合わないと感じる理由は、ほかにもまだあります。

見た目が黒などダークな髪色でナチュラルメイクの落ち着いた印象の方と、金髪や明るめの茶色などの髪色で派手なメイクの華やかな印象の方とは、似合うカラコンのテイストが違うのです。

 

自分自身のテイストと違うカラコンを選んでしまったり、イメチェンしたときに同じカラコンをつけていたりすると、カラコンが見た目の印象と似合わなくなってしまうことがあることも、しっかり押さえておきましょう。

 

【カラコンデザインを似合わせるポイント】

ここでご紹介するポイントは、2パターン。

まずは、ダークカラーの髪色でナチュラルメイクが多いような、外見が落ち着いた印象の方

 

そんな方には、髪色に近い透け感のあるブラックやブラウンのカラコンがおすすめです。また、ライトブラウンやオリーブ系などもナチュラルに見えて似合いますよ!

 

どうしても遊び心のあるカラーのカラコンをつけたい方には、柔らかいピンク色でしょう。

優しく透け感のあるようなデザインが、よりナチュラルな印象を与えてくれるのでおすすめですね。

 

次に、金髪や明るい茶色の髪色で派手なメイクが多いような、外見が華やかな印象の方

外国人に多い金髪は、やはりグレーやヘーゼル系の色がぴったりです。

よりハーフ顔に近づけ、髪色やメイクに負けない輝いたカラコンの印象を与えることができるでしょう。

 

ほかにも、くっきりしたカラフルなカラコンも似合うので、鮮やかなカラーのカラコンを楽しめるでしょう。

 

髪色やメイクが日々変わる方もいますよね。

そういった方は、おすすめの2パターンのカラコンを常備しておくと良いでしょう。

あなたの今日の気分で、髪色やメイクだけでなく、カラコンも選んで合わせてみてください。

 

Q&A こんな場合は、どんなカラコンが似合う?

 

制服を着た女性の画像

 

TPO別やお悩み、年齢などの場合ごとに、Q&A形式で似合うカラコンの選び方をご紹介していきます♪

 

 

Q1.

学校の制服やオフィス系の服に似合うカラコンは?

 

A1.

シンプルなデザインでカラーもナチュラルなレンズが似合います。

 

学校の制服や会社のオフィス系の服、スーツなどは、ダークトーンでシンプルなデザインの服が多いですよね。

そこで、カラコンもシンプルなデザインでカラーもナチュラルで落ち着いた印象に見えるものが似合います

 

キリっと見せたい場合はフチの色が濃いカラコンを、より自然に見せたい場合は薄いブラウンなどを選んであげると良いでしょう。

 

ちなみに、デートやパーティーなどのおしゃれな服装はその逆です。

華やかな服装には、デザインがありライトブラウンやグレーなど明るい色のカラコンがよく映えますよ。

 

服装とカラコンがアンバランスになってしまうと、似合わないことがあるので気をつけてくださいね。

 

 

Q2.

目が小さくても似合うカラコンはあるの?

 

A2.

ありますよ。着色直径が小さめのレンズを選んであげください。

 

小さい目の方は、大きい目に憧れますよね。

そのため、大きいサイズのカラコンを選びがち

しかし、それは大きな落とし穴です。

 

大きい目に盛って見せたいからと言って、自分の目に合わない大きすぎるレンズを選んでしまうと、違和感のある不自然な印象を与えてしまいます。

似合わないカラコン選びの原因の1つと言えるでしょう。

 

これまでお話ししてきたように、自分の瞳の黄金比率に配慮した、着色直径が小さめの12.5~12.9mmのレンズが自然に盛れておすすめですよ。

着色直径のサイズは小さくても、ナチュラルに目の印象をアップさせてくれます。

 

 

Q3.

40代や50代でも、似合うカラコンはあるの?

 

A3.

もちろん。大人に似合うカラコンは、こっそり盛れるナチュラル系です♪

 

最近では、40代や50代の方でも、カラコンでおしゃれを楽しみたい方は増えています。

ただ、デザインやカラーを考えないと、目元だけ浮いてしまって「似合わない…」、ということも。

 

大人の女性がレンズの着色直径があまりに大きい14mm以上のカラコンをつけていたり、派手なグレーやヘーゼル系などのカラーのカラコンをつけていたりすると、周囲に頑張りすぎている感を与えてしまいかねません。

 

黒やブラウンなどのナチュラルな色味や輪郭がはっきりしすぎて黒目から浮いてしまわないようなデザインで、着色直径も12mm台などの大きすぎないカラコンがおすすめです。

 

また、カラコンをしているのにアイメイクをしていないことも似合わない原因の1になってしまいます。

 

目元を浮かせないため、カラコンをつけるときはアイメイクをしっかり目にするようにしましょう

 

アイラインでまつ毛の隙間を埋めてあげたりするだけでも瞳が引き締まり、カラコンをナチュラルになじませてくれるでしょう。

 

まとめ

カラコンが似合わないと思っていた方。

もしかすると、カラコンが似合わないわけではなく、似合うカラコンを選んでいないだけかもしれません。

 

「瞳の黄金比率」に沿って、カラコンの着色直径を選んでいますか?

瞳の色、肌色と、カラコンカラーがなじんでいますか?

髪色、メイクのテイストとカラコンが合っていますか?

 

今回ご紹介したポイントを参考に、自分に似合うカラコンを探してみてください。

あなたのキレイを、もっとアップしてくれるはずですよ♪

LINEUPカラコンラインナップ